« February 2005 | Main | October 2013 »

2005.07.21

24時間の奪い合い

 「文化通信」にビデオリサーチによるこの4年間のメディア接触時間が紹介されていた。
  新聞が34→34分
  雑誌は24→22
  ラジオは42→38
  テレビは188→179
それに対して
 インターネットは23→39分と伸びている。

 インターネットが新聞、雑誌、ラジオを抜いたというわけだ。
 面白いのはこの5媒体の総計を出してみると311~312分とほとんど変わらないことだ。

 辞書・事典・リファレンスの類や熱心な読書家の積読(つんどく)などという備蓄型のコンテンツもあることはあるが、ほとんどのコンテンツは時間消費型なのである。
 だから人の持ち時間24時間が増えな以上は各媒体は時間の奪い合いになるということだ。

 それにしてもテレビの180分というのはダントツだ。インターネットがもてはやされても未だテレビの王座は揺るいでいない。ここも押さえておきたい。
 書籍への接触時間というのはどうなっているのだろうか。数分というとこなかな。

| | TrackBack (2)

2005.07.15

マルチBookプレーヤー

 ブックフェアのPanasonicブースにΣブックの次期モデル「マルチBookプレーヤー」が参考展示されていた。

 大きさは少し厚めの文庫程度。片面のカラー液晶で解像度は200PPI程度。重さも300グラム程度とΣよりは軽くなる。
 Σブックが読書専用端末を謳っていたのに対して、今回のモデルは読書ビュアであるだけではなく、写真や動画、音楽再生などもできる。コンテンツ再生ビュアだ。
 動画対応、バックライト付きカラー液晶などΣブックとは一線を画したビュアだが、それだけに心配なのは電池のもち。説明ではフル充電で数日は持つというから問題はなさそうだ。

 ネットワークにはまだ未対応とのことだが、さまざまなコンテンツが再生できるとなれば、ケータイより遥かに良い画面だけにいろいろな使い方が考えられる。

 出展モデルにはボタンはついていない。ディスプレイ横のセンサーを使って操作するのだそうだ。そのためデザインはなかなかスマートだがさまざまなコンテンツを操作するとなると果たしてセンサーだけでスムーズに扱えるか、実際に動作を確かめられなかったのでちょっと心配だ。

 今や「電子書籍」を読めるのは携帯端末としては当たり前の時代だ。携帯電話も電子辞書もPDAも読書ビュアになる。だから「読書専用端末」というコンセプトは通用しない。欲しいのは良質なディスプレイを持ったコンテンツ再生プレイヤーだろう。その観点からはとても期待ができる企画だ。発売時期はまだ未定とのこと。一日も早いリリースを期待しよう。

| | TrackBack (0)

2005.07.14

書下しケータイマンガ

 今年から7月になったブックフェアがこの日曜で終わった。文具ショーとの共催で初日から最終日までお客さんの入りは例年より良かったようだ。
 今年の電子出版関係は何といってもケータイ・マンガ。凸版のブースとComic Surfing の開発元セルシスが出した各サイトの共同ブースを中心に盛り上がっていた。

 ケータイ小説は紙本と同じ感覚だが、ケータイマンガは読んでいて新鮮な感じがする。コマごとに分断したことによる効果と細長いコマのスクロール、小さな文字の拡大など、マンガにリズムが組み込まれた感じだ。

 今のところ既刊マンガの配信が中心だが、書き下ろしマンガも登場するという。どんな表現が生まれるのか楽しみだ。
 既刊マンガを表現するための苦肉の策――吹き出しの拡大や細長画面のスクロール――はたぶん書下しでもひとつの表現手段として使えるんじゃないかな。書下しだったら「吹き出しの拡大」じゃなくて、存在しない吹き出しが現れるなんてことも可能だろう。

 シャープもXMDFを紙芝居仕立てにしたケータイ用のコミックを発表していた。こちらは画面下にセリフを字幕のように配置。
 たしかに文字は読みやすいが、セリフの位置が機械的に決められているって面白みには欠けるのでは。XMDFという文字関連では普及したフォーマットが紙芝居にも取り組むことは歓迎だがこの試作品はちょっといただけない。

| | TrackBack (0)

« February 2005 | Main | October 2013 »