« マルチBookプレーヤー | Main | こころざしとしての図書館 »

2005.07.21

24時間の奪い合い

 「文化通信」にビデオリサーチによるこの4年間のメディア接触時間が紹介されていた。
  新聞が34→34分
  雑誌は24→22
  ラジオは42→38
  テレビは188→179
それに対して
 インターネットは23→39分と伸びている。

 インターネットが新聞、雑誌、ラジオを抜いたというわけだ。
 面白いのはこの5媒体の総計を出してみると311~312分とほとんど変わらないことだ。

 辞書・事典・リファレンスの類や熱心な読書家の積読(つんどく)などという備蓄型のコンテンツもあることはあるが、ほとんどのコンテンツは時間消費型なのである。
 だから人の持ち時間24時間が増えな以上は各媒体は時間の奪い合いになるということだ。

 それにしてもテレビの180分というのはダントツだ。インターネットがもてはやされても未だテレビの王座は揺るいでいない。ここも押さえておきたい。
 書籍への接触時間というのはどうなっているのだろうか。数分というとこなかな。

|

« マルチBookプレーヤー | Main | こころざしとしての図書館 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14706/5083744

Listed below are links to weblogs that reference 24時間の奪い合い:

» ケータイ読書の秋 [▽ネット社会、その光と闇を追うー]
◆電子書籍 45億円市場に 03年度の2.5倍        [Read More]

Tracked on 2005.09.28 at 07:27 AM

» 画面上へ [今日の朝刊]
政治 が失敗 画面上へ [Read More]

Tracked on 2007.06.03 at 06:16 AM

« マルチBookプレーヤー | Main | こころざしとしての図書館 »